おまとめローンの前に相談をしたほうが良いケース

おまとめローンでは、複数のローンを1社にまとめることができるので、返済の手間を減らせるようになるというメリットがあります。さらに、多くの場合に金利が下がるので、返済の負担も減らせます。必ず金利が下がるというわけではないですし、返済期間を長くするとかえって利息の総額が増えてしまうということもあるので、しっかりとシミュレーションをしておきましょう。おまとめローンの前に相談をしたほうが良いケースとして、過払い金が発生しているケースがあげられます。例えば、2社から100万円ずつの借金をしていて、おまとめローンを利用して1社から200万円を借りたとします。金利が下がるので負担は減らせるはずですが、トータルでは損をしている可能性もあります。過払い金が200万円発生していたとすれば、本来の借金の残高はゼロになるはずです。

おまとめローンをしてしまうことで、200万円に対して本来支払う必要のない利息を支払うことになってしまいます。もちろん、おまとめローンをしたからといって過払い金請求ができなくなるというわけではないので、早い段階で請求をして過払い金を取り戻して、そのお金を使って新しいローンのほうも返済してしまえば、それほど利息において損はしないでしょう。しかし、手間と時間もかかりますので、なるべくならおまとめローンをする前に弁護士や司法書士に相談をしておくべきでしょう。場合によっては、任意整理をしてしまったほうがメリットがあるかもしれません。最悪のケースでは、A社とB社からそれぞれ100万円ずつを借りていて、それぞれ過払い金が発生していたので、借金はゼロになっていたところを、C社でおまとめローンを利用して200万円を借りたが、その後すぐにA社とB社が倒産をしてしまって、過払い金を取り戻すことができなくなったというケースもあります。このようなことが起きる可能性はかなり低いですが、ゼロではないので、やはり早い段階で相談をしておくべきです。