FXは勝った後の売買が心理的にとても重要

By: Paul Downey

昔の言葉に「勝って兜の緒を締めよ」というとても良い言葉があります。これは、勝った瞬間は気が緩みやすいから気を付けろという意味の教訓です。FXではこの言葉を痛感することがとてもよくあります。特に思い通りの相場になって過去最高の利益を確定させたときには、心が舞い上がって自分は天才だと酔いしれてしまったりします。しかし、それが長年続けられれば確かに天才なのかもしれませんが、一時だけに終わってしまう人が圧倒的多数です。それはつまりたまたま勝てただけということであり、FXの能力を証明するものでは決してないのです。

それがわかっていないと、次の売買で甘さが出て大敗してしまうことがあります。価値の下がり続ける通貨を持っているのに「そのうち回復するはず」と損切りしないでいたら、そのまま下がり続けてロスカットということもあります。もしもそこで小損にとどめておけば、勝った分がありますからトータル的にはプラスです。

しかし、油断してやるべきことをやらなければ大敗につながってしまうのがFXの怖いところです。そういうときというのは大敗してから自分が油断していたことに気付きますし、それでは後の祭りでどうにもなりません。気分的にも絶頂から奈落へ突き落されますからショックは大きいですし、そうなるとFXに対しての積極性も失ってしまいます。大きく勝ったまでは良くてもその先油断してしまったら、もうどうにもならないくらいの負けを体験してしまうかもしれないのです。

ですから、FXではいくら勝ってもトータル的に見れば大したことないという感覚が必要ですし、そういう感覚を持っていなければ長丁場で勝ち続けることはできないです。ちょっと勝ったくらいで自分のトレードルールを反故にしていたら、とても手痛い負け方をしてしまうかもしれないのです。そのくらいFXというのは天国と地獄ですし、気をつけていなければ足元をすくわれてしまう可能性があります。ですので、FXは勝っても浮つかないことがとても大事です。